四半期末・月末要因に警戒か

XMTrading(エックスエム)

セーシェル金融庁(SC:FSA)公式認定ブローカー(証券ディーラーライセンス番号SD010)

四半期末・月末要因に警戒か

四半期末・月末要因に警戒か
相場レポート

2021.09.30

2021.09.30

本日のポイント

  1. 英国と米国のGDP

  2. 米国の要人発言

前日のNY市場は、株高・金利安・原油高のリスクオン基調となり、米ドル買い・円買いの流れが継続。引けにかけては株安となったものの、米ドル全面高になったことで米ドル/円は一時112円台まで上昇する結果となった。テクニカル的に見ると、直近高値の112.100付近を上抜けた場合は、コロナショック前の高値112.200~400付近に向けた一段高に、直近サポートラインの111.200付近を下抜けた場合は、110円台後半に向けた一段安が想定される。一方で、112円台前半にはレジスタンスラインが多くあり、ここ数年の上げ止まりラインとして意識されるため、一旦の調整による下落に警戒したい。また、112.500を上抜けた場合はストップロスによる急騰に警戒したい。

本日は、15時に英・第2四半期GDP【確報値】、英・第2四半期経常収支、21時に独・消費者物価指数【速報値】、21時半に米・新規失業保険申請件数、米・第2四半期GDP【確報値】、米・個人消費、22時45分に米・シカゴ購買部協会景気指数、23時に米・ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言、24時に米・ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言、24時半に米・ハーカー:フィラデルフィア連銀総裁の発言、25時半に米・エバンス:シカゴ連銀総裁の発言、26時05分に米・ブラード:セントルイス連銀総裁の発言、翌8時50分に日・第3四半期日銀短観、日・BOJ主な意見公表(9月21日(火)~22日(水)開催分)が予定されている。

英国・米国のGDPなどを静観しつつ、日本時間深夜にかけて連続している米国の要人発言に注目したい。また、明日から第3四半期に入るため、ロンドンフィキシングにかけての四半期末・月末要因による急変動に警戒したい。

アナリストワタル

著者:アナリストワタル

FX投資歴20年の実績をもつ為替専業トレーダー。ファンダメンタルズ分析とチャート分析を組み合わせた手法で順張りのコツを掴む。主なトレードスタイルは、順張りスイングトレード。過去には、金融メディアで、FXマーケットアナリストとして為替市場の調査やレポート作成業務の経験あり。