重要経済指標による突発的な値動きに注意か

XMTrading(エックスエム)

セーシェル金融庁(SC:FSA)公式認定ブローカー(証券ディーラーライセンス番号SD010)

重要経済指標による突発的な値動きに注意か

重要経済指標による突発的な値動きに注意か

重要経済指標による突発的な値動きに注意か
相場レポート

2021.07.29

2021.07.29

本日のポイント

  1. 米国の第2四半期GDP

  2. 米国の7年債入札

前日のNY市場は、株安・金利安・原油高のマチマチの展開となり、米ドル売り・円売りの流れが継続。FOMC発表後は米ドル売り・円売りの流れが加速し、米ドル/円は110.300付近から109.800付近まで下落する結果となった。

テクニカル的に見ると、米ドル/円は直近レジスタンスラインの110.300付近を上抜けた場合、次のレジスタンスラインとして意識される110.600付近に向けた一段高が想定される。一方で、直近サポートラインの109.600付近を下抜けた場合は、一段下のサポートライン109.300付近に向けて下落する流れとなるだろう。FOMC発表前に付けた高値110.300付近を上抜けない限りは、戻り売り優勢の展開となりやすいため、軟調な推移が継続する場合は重要な節目である109.000を下抜けるかに注目したい。

本日は、21時に独・消費者物価指数、21時半に米・新規失業保険申請件数、米・第2四半期GDP【速報値】、米・個人消費、23時に米・中古住宅販売保留、26時に米・7年債入札、翌10時半に豪・第2四半期生産者物価指数が予定されている。米国の重要経済指標が連続しているため、経済指標による突発的な値動きに注目したい。また、米国主要企業の第2四半期決算も本格化しているため、株価変動による為替への影響に警戒したい。

アナリストワタル

著者:アナリストワタル

FX投資歴20年の実績をもつ為替専業トレーダー。ファンダメンタルズ分析とチャート分析を組み合わせた手法で順張りのコツを掴む。主なトレードスタイルは、順張りスイングトレード。過去には、金融メディアで、FXマーケットアナリストとして為替市場の調査やレポート作成業務の経験あり。