リスクオンの円売り・米ドル買いが継続か

XMTrading(エックスエム)

セーシェル金融庁(SC:FSA)公式認定ブローカー(証券ディーラーライセンス番号SD010)

リスクオンの円売り・米ドル買いが継続か

リスクオンの円売り・米ドル買いが継続か

リスクオンの円売り・米ドル買いが継続か
相場レポート

2021.02.17

NEW

2021.02.17

本日のポイント

  1. 英国の消費者&生産者物価指数

  2. FOMC議事録公表

前日のNY市場は、株横ばい・金利高・原油安のマチマチの展開となり、米ドル買い・円売りの流れが継続。周辺市場ではマチマチの展開ながら、為替市場はリスクオン優勢となり、米ドル全面高・円全面安となった。米ドル/円はロンドン時間帯に105.200付近まで下落したものの、NY市場OPEN後は米ドル買いの流れが強まり、円安と相まって106円台前半まで上昇している状況だ。直近レンジの104.500~105.500を上抜けているため、105円台後半では押し目買い優勢の展開となるだろう。

また他の通貨ペアでは、米ドル高の影響でドルストレートは弱含んでいるものの、対円では直近高値を更新する上昇となっており、全体的に過熱感のある相場環境となっている。とくに英ポンドは重要な節目(コロナショック前の高値圏)となる英ポンド/円の148.000円、英ポンド/米ドルの1.40000に近い価格帯で推移しているため、節目ブレイクの値動きがあるかに注目したい。

本日は、16時に英・消費者物価指数、英・小売物価指数、英・生産者物価指数、22時半に加・消費者物価指数、米・小売売上高、米・生産者物価指数、23時15分に米・鉱工業生産、米・ローゼングレン:ボストン連銀総裁の発言、27時に米・20年債入札、28時に米・FOMC議事録公表、翌9時半に豪・失業率、豪・新規雇用者数が予定されている。英国と米国の重要経済指標の結果を静観しつつ、日本時間深夜に控えているFOMC議事録公表による市場の反応を注視したい。

アナリストワタル

著者:アナリストワタル

FX投資歴20年の実績をもつ為替専業トレーダー。ファンダメンタルズ分析とチャート分析を組み合わせた手法で順張りのコツを掴む。主なトレードスタイルは、順張りスイングトレード。過去には、金融メディアで、FXマーケットアナリストとして為替市場の調査やレポート作成業務の経験あり。