雇用統計明けの米ドルの方向性に注目か

XMTrading(エックスエム)

セーシェル金融庁(SC:FSA)公式認定ブローカー(証券ディーラーライセンス番号SD010)

雇用統計明けの米ドルの方向性に注目か

雇用統計明けの米ドルの方向性に注目か

雇用統計明けの米ドルの方向性に注目か
相場レポート

2021.02.08

2021.02.08

本日のポイント

  1. ベイリーBOE総裁の発言

  2. ラガルドECB総裁の発言

週明けは、やや円高でスタート。クロス円は約10~30pipsの下窓で始まったものの、8時頃には窓閉めが完了し、米ドル売り・円売りの流れが強まる結果となった。米ドル/円は105.300~105.500付近の揉み合いが続いており、先週高値の105.700付近を上抜けるかに注目が集まっている状況だ。一方で、直近サポートラインの105.300を下抜けた場合は、105.000の節目をブレイクする値動きに警戒したい。

今週は米主要企業の第4四半期決算が連続しており、米国の中長期国債の入札(3年債・10年債・30年債)が予定されているため、高値圏で推移している株価変動を注視しつつ、中長期金利の動向をうかがう展開となりそうだ。先日のFOMC以降、米ドル買いの流れが継続しているため、株価の調整局面で米ドルが買われるか、売られるかにも注目したい。

本日は、24時半に英・ベイリーBOE総裁の発言、25時に欧・ラガルドECB総裁の発言、26時に米・メスター:クリーブランド連銀総裁の発言が予定されている。英・欧の要人発言を静観しつつ、先週末の雇用統計の結果を受けて米ドル買いが継続するか、米ドル売りの流れに回帰するか注目したい。

アナリストワタル

著者:アナリストワタル

FX投資歴20年の実績をもつ為替専業トレーダー。ファンダメンタルズ分析とチャート分析を組み合わせた手法で順張りのコツを掴む。主なトレードスタイルは、順張りスイングトレード。過去には、金融メディアで、FXマーケットアナリストとして為替市場の調査やレポート作成業務の経験あり。