XMのドル円取引

XMTrading(エックスエム)

XMTrading

XM公式アプリ

セーシェル金融庁(SC:FSA)公式認定ブローカー(証券ディーラーライセンス番号SD010)

XMのドル円取引

XMTrading(エックスエム)ではドル円(USDJPY)を最大レバレッジ1,000倍・最小0pipsの極小スプレッドなど優れた取引条件でお取引頂くことができます。ドル円は、世界で2番目に取引量が多いFX通貨ペアです。比較的値動きが安定しながらも適度なボラティリティ(値動き)があるため、FX初心者から上級トレーダーまで全てのトレーダーにおすすめのFX通貨ペアです。

XMでは、4つの口座タイプ(スタンダード口座・マイクロ口座・KIWAMI極口座・ゼロ口座)をご用意しておりますので、お客様の取引スタイルに最適な口座タイプをお選びください。まだXMの口座をお持ちでない方は、当サイトより新規口座を開設頂きますと、15,000円の口座開設ボーナス(取引ボーナス)をお受け取り頂けます。通常3,000円のところ、当サイト限定で15,000円に増額しております。是非この機会に、お得な期間限定ボーナスを受け取って、XMの優れた取引環境下でドル円トレードをお楽しみください。


XM ドル円の特徴

XMTrading(エックスエム)において、ドル円(USDJPY)トレードで最大限のパフォーマンスを発揮するには、ドル円相場の特徴を把握することが重要です。XMでは、平均約定率99.98%かつ全注文の99.35%が1秒以内に約定するという脅威の約定システムや、狭小スプレッド、ハイレバレッジなど、ハイスペックな取引環境を実現しています。しかし、どんなに優れた取引環境であっても、取引する時間帯や市場環境によっては、大きな損失が発生する可能性があります。ドル円のお取引で利益を追及するためには、ドル円相場の特徴をご確認頂いた上でトレードを開始することをおすすめいたします。


XM ドル円の取引条件(特徴)

対応口座タイプ スタンダード口座・マイクロ口座
KIWAMI極口座・ゼロ口座
取引プラットフォーム メタトレーダー4(MT4)
メタトレーダー5(MT5)
取引時間 【夏時間】:月曜日06:05~土曜日05:50
【冬時間】:月曜日07:05~土曜日06:50
取引手数料 【スタンダード口座・マイクロ口座・KIWAMI極口座】無料
【ゼロ口座】片道5ドル/1ロット
最大レバレッジ 【スタンダード口座・マイクロ口座・KIWAMI極口座】1,000倍
【ゼロ口座】500倍
最小スプレッド
0.0pips
最小注文数
0.01ロット
最大注文数
10,000ロット

XM ドル円の取引条件の詳細はこちら

ドル円の取引量

米ドル(USD)と日本円(JPY)で構成されるドル円は、ユーロドル(EURUSD)に次いで、2番目に取引量が多いFX通貨ペアです。流動性が高いドル円は、値動きやスプレッドが比較的安定していることから、FX初心者でも取引しやすい通貨ペアとされており、日本人トレーダーの中でも人気の銘柄の1つです。また、ドル円は、為替相場に影響を与えるようなニュースやイベントの情報等も入手しやすいという特徴があります。そのため、リスクが高まりそうなタイミングを回避して、大きな利益が期待できるチャンス相場に絞ってトレードを行うことが可能です。

ドル円と関連度の高い経済指標

ドル円(USDJPY)相場の変動要因の一つに、米国と日本の経済指標や要人発言による影響があります。市場関心度の高い、両国の経済状況や景気先行きを表す重要経済指標や要人発言の発表前後は、レートの急騰・急落が発生しやすくなります。

ドル円と関連度の高い経済指標

ドル円と関連度の高い経済指標

ドル円をお取引する際には、経済指標発表・要人発言のスケジュールを事前にご確認頂くことをおすすめします。ドル円と関連度の高い経済指標は次の通りです。

ドル円と関連度の高い米国の経済指標

  1. 米国雇用統計
  2. ADP雇用統計
  3. FOMC声明/議事録
  4. FF金利(フィラデルフィアファンド金利)
  5. 国内総生産(GDP)
  6. ISM製造業景況指数
  7. 貿易収支
  8. 消費者物価指数(CPI)
  9. 小売売上高
  10. 個人消費支出(PCE)
  11. 消費者信頼感指数
  12. 鉱工業生産指数
  13. 住宅着工件数
  14. 中古住宅販売件数
もっと見る

ドル円と関連度の高い日本の経済指標

  1. 全国消費者物価指数
  2. 国内企業物価指数
  3. 国内総生産(GDP)
  4. 法人企業統計調査
  5. 景気動向指数
  6. 日銀短観
  7. 貸出動向
  8. 経常収支
  1. ドル円相場は、米国・日本に限らず他国の社会的、軍事的、地政学的な要因により大きく変動する可能性がございます。
  2. 予めスケジュールされている経済指標・要人発言の他、突発的なイベント発生により相場が大きく動く場合がございます。

ドル円と相関性のある銘柄

ドル円(USDJPY)は、ゴールド(金)との相関性を生かしたお取引が可能です。米ドルは、ゴールド(金)と逆相関性があるとされています。現物資産であるゴールドは、価値がなくならない安全資産として、リスク回避相場で買われやすい金融商品の一つです。「有事の金」ともいわれ、金融リスクが高まった場合に、外国通貨や株式などを売った資金がゴールドに流れる傾向にあります。そのため、米ドルが売られやすい相場ではゴールドが値上がりし、米ドルが買われやすい相場ではゴールドが値下がりするという逆相関の動きが見られやすくなります。尚、XMTrading(エックスエム)では、ゴールドCFDをお取り扱いしております。ドル円(USDJPY)をお取引する際の一つの指標としてゴールドの値動きを分析し、相場環境に応じてゴールドでお取引頂くことも可能です。

ドル円とゴールドの同時取引は注意が必要

XMTrading(エックスエム)のドル円(USDJPY)とゴールド(XAUUSD)を、複数口座間で同時に保有する場合は、XMの禁止行為に該当する可能性がございますのでご注意ください。XMでは同一口座内に限り両建て取引(同一銘柄の売りと買いのポジションを同時に保有する取引手法)を認めておりますが、他社を含む複数口座間や複数名義間等の両建て取引は禁止しております。ドル円(USDJPY)とゴールド(XAUUSD)は、同一銘柄ではありませんが、逆相関性のある通貨となるため、「特定通貨のリスク回避を目的とした複数口座間での両建て取引」として禁止行為に該当します。ドル円とゴールドを同時に保有する場合には、意図せず禁止取引にならないようご注意ください。

  1. XMで禁止されている両建て取引の詳細はこちら

XM ドル円の取引条件

XMTrading(エックスエム)では、日本人トレーダーの中で最も人気のある銘柄の1つ、ドル円(USDJPY)のFXトレードで最高のパフォーマンスを発揮して頂けるよう、優れた取引条件を提供しています。ご利用頂く口座タイプによって取引条件が異なりますので、お客様のトレードスタイルに合わせて取引口座をお選びください。


XM ドル円の取引時間

XMTrading(エックスエム)では、ドル円(USDJPY)を始めとするFX通貨ペアを原則平日24時間(月曜早朝〜土曜日早朝)お取引頂けます。尚、XMの取引時間には、「夏時間」と「冬時間」の2つのタイムゾーンが存在します。サマータイムとは、日照時間が長い夏季シーズンに標準時間を1時間早める制度です。XMでは、3月と10月の最終日曜日を起点に夏時間と冬時間が切り替わり、それに伴いドル円の取引時間が以下の通り変更します。

XM ドル円(USDJPY)の取引時間(日本時間)

夏時間
3月の最終日曜日~10月の最終日曜日まで
冬時間
10月の最終日曜日~3月の最終日曜日まで
月曜日06:05~土曜日05:50
月曜日07:05~土曜日06:50
XMの夏時間
3月の最終日曜日~10月の最終日曜日まで
月曜日06:05~土曜日05:50
XMの冬時間
10月の最終日曜日~3月の最終日曜日まで
月曜日07:05~土曜日06:50

XMでは、ゴールデンウィークやお盆休みなどの大型連休を含む日本の祝日でも、ドル円のトレードをお楽しみ頂けます。但し、クリスマスや年末年始などの世界的な祝祭日は、取引時間短縮や取引不可となりますのでご注意ください。夏時間/冬時間の切替や、取引時間の変更、休場などのご案内は、XMにご登録のメールアドレス宛に事前にお送りいたします。「サイトからのお知らせ」でもご案内いたしますので、適宜ご確認ください。

MT4/MT5のサーバー時間と日本時間

MT4/MT5に表示されている時間は、XMの本社所在地であるキプロスの標準時間です。キプロスはGMT(グリニッジ標準時:世界各地の標準時の基準)がGMT+3(冬時間の場合GMT+2)とGMTより3時間または2時間進んでいます。日本はGMT+9でGMTより9時間進んでいますので、MT4/MT5の表示時間に日本とキプロスの時差となる6時間(冬時間の場合7時間)を足すと日本時間に変換することができます。

XM ドル円の最大レバレッジ

XMTrading(エックスエム)では、ドル円(USDJPY)を最大1,000倍のハイレバレッジでお取引頂けます。国内FX業者は規制により、レバレッジは最大25倍に制限されていますが、海外FXはより高いレバレッジをかけてお取引頂けます。中でもXMは業界最高水準となる1,000倍のハイレバレッジにより、少ないご資金からお取引頂くことが可能です。

XM ドル円の最大レバレッジ

XM ドル円の最大レバレッジ

XMのドル円の最大レバレッジは、口座タイプごとに以下の通り異なります。ゼロ口座のみ、ドル円の最大レバレッジは500倍となりますのでご注意ください。

XM ドル円の最大レバレッジ(口座タイプ別)

口座タイプ 最大レバレッジ
スタンダード口座 1,000倍
マイクロ口座
KIWAMI極口座
ゼロ口座 500倍

ハイレバレッジトレードは、少ない証拠金で大きな利益を狙うことが可能ですが、予想とは異なる方向へ相場が動いた場合、短時間で大きな損失が発生するリスクもあることを理解しておく必要があります。XMでは「ゼロカットシステム」を採用しており、証拠金を上回る損失が発生した場合でも追加証拠金(追証)を請求することがございません。入金額以上の損失を被ることはございませんので、快適・安全な取引環境で安心してドル円のハイレバトレードをお楽しみください。

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステム」とは、証拠金を上回る損失が発生した場合に、マイナス残高を「ゼロ」へリセットするシステムです。XMでは証拠金維持率が20%を下回ると、損失を拡大させないよう自動的にロスカット(強制決済)が執行されます。しかし、急激な相場変動によりロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになるケースもございます。国内FXのようにゼロカットシステムが適用されない場合、追証(追加証拠金)を入金する必要がありますが、XMでは追証を請求致しません。口座内にボーナスがある場合は、ボーナスにて損失補填を行った上で、追加入金をして頂いた際にマイナス残高をXMにて全額補填いたします。口座残高をゼロにリセットした上で入金額を反映いたしますので、お客様のご資金でマイナス残高を補填することはございません。

XM ドル円の必要証拠金

XMTrading(エックスエム)のドル円(USDJPY)の必要証拠金は、取引量と適用レバレッジ、お取引時の為替レートによって異なります。必要証拠金とは、取引をするにあたって最低限必要となる資金のことを指します。レバレッジが高いほど必要証拠金は低くなり、少ないご資金でお取引を開始することが可能です。必要証拠金の計算方法は以下の通りです。

必要証拠金の計算式

「取引数量」 × 「現在価格」
÷「レバレッジ」=「必要証拠金」

例えば、取引数量「1ロット(=100,000通貨)」、現在価格「135円/ドル」、レバレッジ「1,000倍」の場合、ドル円取引に必要な証拠金の計算方法は次の通りです。

100,000 × 135 ÷ 1,000 = 13,500円

尚、取引数量を小さくすると、より少ない資金でドル円をお取引して頂けます。XMでは最小0.01ロット(=1,000通貨)、マイクロ口座(MT4)の場合は0.01ロット(=10通貨)から取引が可能ですので、ご希望に応じて取引量を調整して頂けます。

必要証拠金は、XMの証拠金計算機で算出することが可能です。簡単な情報を入力するだけで自動計算されますので、ぜひご活用ください。

XM ドル円のスプレッド

XMTrading(エックスエム)のドル円(USDJPY)は、最小0pips〜と業界屈指の低スプレッドでお取引頂くことが可能です。XMでは市場環境に応じてスプレッドが縮小・拡大する変動スプレッド制を採用しており、常時スプレッドが変動しています。尚、XMのドル円のスプレッドは、口座タイプによって以下の通り異なります。

XM ドル円のスプレッド(口座タイプ別)

口座タイプ スタンダード口座
マイクロ口座
KIWAMI極口座 ゼロ口座
最小スプレッド 1.8 pips 0.7 pips 0.0 pips
平均スプレッド pips pips pips
取引手数料 無料 無料 片道5ドル/1ロット
スタンダード口座
マイクロ口座
最小スプレッド 1.8 pips
平均スプレッド pips
取引手数料 無料
KIWAMI極口座
最小スプレッド 0.7 pips
平均スプレッド pips
取引手数料 無料
ゼロ口座
最小スプレッド 0.0 pips
平均スプレッド pips
取引手数料 片道5ドル/1ロット

原稿執筆時のスプレッドになります。

ゼロ口座はドル円で最小スプレッド0pipsを実現しておりますが、1ロットにつき片道5ドルの取引手数料がかかるため、総コストを比較すると、KIWAMI極口座が最もコストを抑えてお取引頂けます。また、スタンダード口座/マイクロ口座は、KIWAMI極口座/ゼロ口座よりスプレッドがやや広くなりますが、入金ボーナスXMポイント(XMP)のご活用により実質スプレッドを抑えることが可能です。お客様のトレードスタイルに合わせて複数口座タイプを使い分けることも可能ですので、XMのサービスを効果的にご活用ください。

  1. ボーナスを活用して実質スプレッドを狭くする方法はこちら

  2. XMの口座タイプの詳細はこちら

XM ドル円のスワップポイント

XMTrading(エックスエム)のドル円(USDJPY)のスワップポイントは、マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロ口座の3つの口座タイプで共通のポイントが適用されます。ドル円は現在、日米の金利差によりロングがプラススワップ、ショートがマイナススワップとなります。XMでドル円の両建て取引をする場合、トータルでスワップポイントがマイナスになるため、ご注意ください。

XM ドル円のスワップポイント

  スタンダード口座 マイクロ口座 KIWAMI極口座 ゼロ口座
ロング(買)
スワップポイント
0
ショート(売)
スワップポイント
0
スタンダード口座
ロング(買)
ショート(売)
マイクロ口座
ロング(買)
ショート(売)
KIWAMI極口座
ロング(買) 0
ショート(売) 0
ゼロ口座
ロング(買)
ショート(売)

スワップポイントは変動します。

XMのドル円のスワップポイントは、米国/日本の金利や市場動向により適宜変動いたします。スワップポイントが影響する戦略でトレードを行う場合にはスワップポイントをご確認の上ポジションを建て、ポジション保有中にも変動がないかをご確認頂きますようご注意ください。

XM ドル円の最新のスワップポイントはこちら

  1. KIWAMI極口座ではドル円をスワップフリーでお取引頂けます。但し、利用規約に反する行為があった場合には、制限が適用されることがございます。

XM ドル円1ロットの通貨量

XMTrading(エックスエム)のドル円(USDJPY)1ロットの通貨量は100,000通貨です。少量トレードを特徴とするマイクロ口座のみ、1ロットの通貨量は1,000通貨と小さく設定されています。XMでは全ての口座タイプで最小0.01ロット(マイクロ口座のMT5のみ0.1ロット)と小ロットから取引することができます。

XMの1ロットあたりの通貨量と最小注文数(口座タイプ別)

1ロットあたりの通貨量 最小注文数
マイクロ口座 1,000通貨 MT4:0.01ロット(10通貨)
MT5:0.1ロット(100通貨)
スタンダード口座 100,000通貨 0.01ロット(1,000通貨)
KIWAMI極口座
ゼロ口座
1ロットあたりの通貨量
マイクロ 1,000通貨
スタンダード 100,000通貨
KIWAMI極
ゼロ
最小注文数
マイクロ MT4:0.01ロット
(10通貨)
MT5:0.1ロット
(100通貨)
スタンダード 0.01ロット
(1,000通貨)
KIWAMI極
ゼロ

スタンダード/KIWAMI極/ゼロ口座の場合、「1ロット=100,000通貨」のため、最小注文数は「0.01ロット=1,000通貨」です。ドル円の為替レートが130円の時に1,000倍のレバレッジを適用すれば、約130円の証拠金からドル円をお取引頂けます。マイクロ口座の場合は、最小注文数はMT4で「0.01ロット=10通貨」、MT5で「0.1ロット=100通貨」とさらに小さくなります。「0.01ロット=10通貨」の場合、ドル円の為替レートが130円の時に1,000倍のレバレッジを適用すれば、約1.3円と少額からXMのドル円をお取引頂くことが可能です。

XMのドル円はKIWAMI極口座がおすすめ

XMTrading(エックスエム)のドル円(USDJPY)取引でパフォーマンスを発揮するなら、KIWAMI極口座がおすすめです。流動性の高いドル円は、比較的安定した値動きでありながら、取引が活発になる時間帯には強いトレンドを形成しやすいため、多様なトレード戦略を用いて利益を狙うことができる通貨ペアです。長期的なトレンド相場ではスイングトレード、短期的なトレンド相場や一定の値幅で行き来するレンジ相場ではスキャルピングやデイトレードというように様々な取引手法でドル円取引をお楽しみ頂けます。

XMでは様々なトレードスタイルに対応すべく特徴の異なる4つの口座タイプをご用意しており、全ての口座タイプでドル円をお取引頂くことができます。トレード戦略毎に複数口座を使い分けることも可能ですが、KIWAMI極口座なら1つの口座で「低スプレッド×取引手数料無料×スワップフリー」と徹底的にコストを抑えながら、多様なトレードスタイルに対応することができます。


KIWAMI極口座はドル円を最小コストで取引できる

XMTrading(エックスエム)のKIWAMI極口座は、「極小スプレッド×取引手数料無料×スワップフリー」を実現し、取引コストを限界までカットしています。取引の都度かかるスプレッドを平均0.7pipsまでに縮小しながら、取引手数料も発生しないため、コストを最小限に抑えることができます。特に、短時間で複数回の取引を繰り返し、小さな利益を積み上げていくスキャルピングを行うトレーダーにはKIWAMI極口座がおすすめです。

XM ドル円の実質コスト(口座タイプ別)

口座タイプ KIWAMI極口座 ゼロ口座 マイクロ口座
スタンダード口座
最小スプレッド(注:1) 0.7 pips 0.0 pips 1.8 pips
平均スプレッド(注:1) pips pips pips
取引手数料 無料 往復10ドル/1ロット 無料
実質平均コスト pips pips pips
スワップポイント なし
(スワップフリー)(注:2)
あり あり
KIWAMI極口座
最小スプレッド(注:1) 0.7 pips
平均スプレッド(注:1) pips
取引手数料 無料
実質平均コスト pips
スワップポイント なし
(スワップフリー)(注:2)
ゼロ口座
最小スプレッド(注:1) 0.0 pips
平均スプレッド(注:1) pips
取引手数料 往復10ドル/1ロット
実質平均コスト pips
スワップポイント あり
マイクロ口座
スタンダード口座
最小スプレッド(注:1) 1.8 pips
平均スプレッド(注:1) pips
取引手数料 無料
実質平均コスト pips
スワップポイント あり
  1. スプレッドは変動します。
  2. 利用規約に反する行為があった場合には、制限が適用されることがございます。

XM ドル円のお取引に関する注意点

XMTrading(エックスエム)では、トレーダーに人気の高いドル円(USDJPY)を有利な条件でお取引頂ける環境を提供しています。ドル円のお取引に最適な環境下で最高のパフォーマンスを発揮して頂くために、事前に以下の注意点をご確認下さい。


水曜日はスワップポイントが3倍

XMTrading(エックスエム)では、水曜日のみスワップポイントが3倍になりますのでご注意ください。これは、取引時間外となる土日に発生するスワップポイントを水曜日のスワップポイントに加算したもので、水曜日のロールオーバー時にポジションを保有している場合、3日分のスワップポイントを受け取ることになります。

水曜日はスワップポイントが3倍

水曜日はスワップポイントが3倍

ドル円はショート(売り)でエントリーした場合、マイナススワップとなる傾向にあります。また、両建て取引により両方向のポジションを保有した場合も、スワップポイントのトータルがマイナスになります。この場合、スワップポイントによる損失も3倍になりますのでご注意ください。

XMのスワップポイントが付与されるタイミングはこちら

有効証拠金残高によるレバレッジ制限

XMTrading(エックスエム)では、口座の有効証拠金残高によるレバレッジ制限を設けておりますのでご注意ください。XMではドル円(USDJPY)を最大レバレッジ1,000倍(ゼロ口座は500倍)でお取引頂けます。しかし、口座の有効証拠金残高(証拠金+ボーナス+未決済ポジションの損益)が一定値を超えると、以下の通り、最大レバレッジが500倍、200倍、100倍と段階的に制限されますのでご注意ください。

XM 有効証拠金残高によるレバレッジ制限

有効証拠金残高 最大レバレッジ
スタンダード/マイクロ/KIWAMI極 ゼロ
5ドル~40,000ドル 1,000倍 500倍
40,001ドル~80,000ドル 500倍
80,001ドル~200,000ドル 200倍 200倍
200,001ドル以上 100倍 100倍
5ドル~40,000ドルの
最大レバレッジ
スタンダード
マイクロ
KIWAMI極
1,000倍
ゼロ 500倍
40,001ドル~80,000ドルの
最大レバレッジ
スタンダード
マイクロ
KIWAMI極
500倍
ゼロ 500倍
80,001ドル~200,000ドルの
最大レバレッジ
スタンダード
マイクロ
KIWAMI極
200倍
ゼロ 200倍
200,001ドル以上の
最大レバレッジ
スタンダード
マイクロ
KIWAMI極
100倍
ゼロ 100倍

XMの有効証拠金によるレバレッジ制限の詳細についてはこちら

複数口座の両建ては禁止

XMTrading(エックスエム)では、複数口座間の両建て取引を禁止しておりますのでご注意ください。XMでは1アカウントにつき最大12口座まで保有することが可能ですが、口座を跨ぐ両建て取引を禁止しております。例えば、意図せずドル円(USDJPY)の売りポジションと買いポジションを異なる口座で保有した場合も、禁止行為に該当します。特にドル円は、ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドル、ゴールドなどの人気銘柄との相関性によって、「特定通貨のリスク回避を目的とした両建て取引」に該当するケースが多い通貨ペアです。そのため、複数口座で同時に取引する際には、十分にご注意ください。XMでは同一口座内でのみ、両建て取引を認めておりますので、トレード手法としてドル円の両建て取引を希望する場合には、XMの同一口座内で行ってください。

XMの両建て取引における禁止事項の詳細はこちら

EA(自動売買)によるドル円の取引が可能

XMTrading(エックスエム)ではドル円(USDJPY)のEA(自動売買)による取引が可能です。EAとは、売買のタイミングに関するロジックが組み込まれたソフトをMT4/MT5にインストールしておくと、EAが常時相場を観察して自動的に取引を行うツールです。XMでは全ての口座タイプで、EAによる取引を行うことができます。ドル円は1日を通して取引のチャンスが見られる銘柄です。EAと裁量トレードの併用も可能ですので、トレードスタイルに合わせてご利用頂けます。

  1. EAの口座と裁量トレードの口座を使い分けたり、ロジックの異なるEAを複数口座で稼働させたりする場合には、禁止行為に該当する複数口座間の両建て取引にならないようご注意ください。

ドル円のスプレッドが広がりやすい時間帯

XMTrading(エックスエム)では、お客様に安定したドル円(USDJPY)の低スプレッドを提供できるように努めております。しかしながら、流動性が低い日本時間の早朝や、相場が大きく動く可能性の高い重要経済指標発表前後など、スプレッドが広がりやすい時間帯がございます。スプレッドが広がりやすく、安定しない相場では、タイミングによってはエントリーした時点で大きな含み損を抱えるリスクがあります。ドル円のスプレッドが広がりやすい時間帯は避け、安定したスプレッド環境でお取引頂くことでロスカットのリスクを最小限に抑えて頂けます。ドル円のスプレッドが広がりやすい時間帯は主に以下の通りです。

XM ドル円のスプレッドが広がりやすい時間帯

  1. 日本時間の早朝4〜8時頃
  2. 金曜日の26時以降
  3. 重要経済指標発表・要人発言の前後
  4. 突発的なイベント発生時

ドル円と関連度の高い経済指標

XM ドル円に関連するご質問(FAQ)

  1. XMのUSDJPY(ドル円)平均スプレッドを教えてください。

    XMの米ドル円(USD/JPY)の平均スプレッドは、スタンダード・マイクロ口座で1.6pips、KIWAMI極口座で0.7pips、ゼロ口座で0.1pipsです。尚、ゼロ口座は取引手数料が発生し、実質1.1pipsとなるため、KIWAMI極口座が最も低スプレッドでお取引頂けます。

    続きを読む

    2023.04.10

    1. お取引
  2. XMのUSDJPY(ドル円)1ロットあたりの通貨量はいくらですか?

    XMのUSDJPY(ドル円)1ロットの通貨量は、100,000通貨となります。但し、マイクロ口座のみ、1ロットの通貨量は1,000通貨と小さく設定されています。尚、スタンダード、KIWAMI極、ゼロ口座も最小、0.01ロット(1,000通貨)からご注文頂けます。

    続きを読む

    2023.04.10

    1. お取引
  3. XMのUSDJPY(ドル円)1ロットあたりの必要証拠金はいくらですか?

    XM USDJPY(ドル円)1ロットあたりの必要証拠金は、「1ロット(ロット数)×オープン価格÷レバレッジ」にてで算出することが可能です。尚、必要証拠金は、レバレッジが高くて取引量(ロット数)が小さい程、必要証拠金は低くなり、少ない資金でお取引して頂けます。

    続きを読む

    2023.04.10

    1. お取引
  4. XMのUSDJPY(ドル円)の取引時間を教えてください。

    XMのUSDJPY(ドル円)の取引時間は、夏時間では日本時間 月曜日午前6:05~土曜日午前5:50まで、冬時間では月曜日午前7:05~土曜日午前6:50までとなります。 ドル円は人気のFX通貨ペアで取引量が多く、FX初心者から上級トレーダーまで全てのトレーダーにおすすめです。

    続きを読む

    2023.04.10

    1. お取引
  5. XM USDJPY(ドル円)取引のスワップポイントについて教えてください。

    XMのUSDJPY(ドル円)のスワップポイントは、買いポジションがプラス、売りポジションがマイナスとなります。但し、両建て取引の場合は合計マイナススワップとなりますのでご注意ください。スワップポイントは、MT4/MT5の「仕様」もしくは「XMのFX計算ツール」よりご確認頂けます。

    続きを読む

    2023.04.10

    1. お取引